成分&効果

【解析】アスロングの全45成分の効果を1個ずつ説明【特徴4つ紹介】

アスロング 成分
リンゴさん
リンゴさん
・アスロングの成分1つずつ詳しく説明して欲しい

・結局どの成分が優秀なの?

・他のシャンプーと違う珍しい成分とかって入ってるの?

・髪を早く伸ばすための成分はどれ?

・成分に関すること全て教えてほしい

たまごさん
たまごさん
このような事を教えるよ!

本記事ではアスロングシャンプー全45成分を全て1つずつ丁寧に紹介していきます。そのため長文となり、ボリュームが結構あるのでブックマークなどに登録してゆっくりご覧いただければと思います。

公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中

 

【基礎知識】シャンプーの成分を見る前に

 成分表の見方

 成分の基本配合割合

シャンプーの成分を見る前にまずはこの2つを覚えて下さい。
そうすることで45成分をより理解しやすくなるので効率がとてもいいのです。

成分表の見方

アスロング 成分参照:アスロング公式サイト

シャンプーの成分表を見る場合は、左上から右に成分を見ていくのが正しい見方です。

その理由は、成分の配合量の多さによって記載されている順番が変わっているたです。
シャンプー内で1番多い配合量の成分は左上に、その次に多く配合されている成分は先ほどの成分の右側に表記されていくことになります。

つまり、上記の画像では1番多い成分は「水」、2番目に多い成分は「ラウレスリュウサンNa」ということになります。

※ この簡単な基礎知識を覚えれば、これから紹介する成分がどの程度配合されているのか他の成分と比較できるためアスロングは成分的にどのような効果が期待できるのかが分かり易くなりますよ。

 

成分の基本配合割合

アスロング 成分

全てのシャンプーは例外なくこのような構成割合で成分が配合されています。

 

 水 60%

どのシャンプーも大部分が普通の水で出来ています。
シャンプーは液体なので水を多く配合しなければ成り立たないのです。

 

 洗浄成分 30%

髪や頭皮の汚れを落とす成分です。
シャンプー自体の刺激性と洗浄力はどんな洗浄剤を使用しているかに左右されるので非常に重要な成分です。

 

 その他 10%

その他には、「香料」「コンディショニング成分」「補修成分」「育毛成分」「保湿成分」が配合されています。

『10%だけしか有効成分が配合されていないなんて大丈夫?』と思うかもしれませんが、シャンプーの基本は汚れを落とすことなので「水に60%」「洗浄成分に30%」使用してしまうと必然的に残った10%しか配合できないのです。

アスロングが低いというわけではなく、この世の全てのシャンプーはこの割合なので10%でも十分に効果を感じることができます。安心してください。

※ 水の割合を低くするとシャンプーの形状自体に問題が出て、洗浄成分の割合を低くすると汚れを完全に落としきれなくなります。よって、6・3・1の割合がベストです。

 

 

全45成分の効果

アスロングの成分を分かり易くするため、「洗浄成分」「補修成分」「保湿成分」「育毛成分」「抗菌成分」「増粘成分」「それ以外」の7つにカテゴリー分けして、それぞれの成分を見ていきましょう。(※ クリックするとそのカテゴリーに移動します)

洗浄成分(8種類)

アスロング 成分

水、ラウレスリュウサンNaコカミドDEAコカミドプロピルベタインスルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油 、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス

 ① ラウレス硫酸Na

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

洗浄力は高いですが刺激性は高くない洗浄成分です。

元々はラウリル硫酸Naという洗浄成分が一般的に使用されていましたが、刺激性の高さから髪と頭皮に掛かる負担が大きすぎるため、このラウレス硫酸Naという刺激性を抑えた洗浄成分が作られたのです。

そしてこのラウレス硫酸Naの特徴はやっぱり高い洗浄力。

微量でクリーミーな泡が作れ、油に対してその効果を十分に発揮するため頭皮の臭いの元となる皮脂をサッパリ洗い流すのです。

※ ラウレス硫酸Naは刺激が強いのではないか?という意見もありますが、それは論文や医療機関が証明していないことであり間違った情報です。美容メーカーと調査結果をまとめた記事があるので心配な方はこちらで正しい情報を得て下さい。

参照:美容師がシャンプーの成分『ラウレス硫酸na』についてまとめてみた

 

 

 ② コカミドDEA

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

洗浄力・刺激が弱い洗浄成分なので他の洗浄成分の泡立ちをサポートしたり、シャンプーそのものの粘度を高めたりする言わば洗浄成分の調整役です。

また、肌に対する刺激が0であることが実験結果から分かっている程の無刺激の洗浄成分であるため他の洗浄成分の刺激緩和剤としても高い効果を発揮し、シャンプー自体の刺激を低くします。

メインの洗浄成分になる事はありませんが、シャンプーに無くてはならない洗浄成分です。

 

 

 ③ コカミドプロピルベタイン

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

洗浄成分でありながら髪に柔軟性も与えてくれる低刺激洗浄成分です。

その特徴から成分にこだわったトリートメント効果の高いシャンプーに配合されることが多いです。髪の汚れを落とすだけでなく、同時に髪を美しくするために働きかけてくれるのはとても有り難い成分だといえるでしょう。

 

 

 ④ スルホコハク酸ラウリル2Na

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

洗浄力は高めだが刺激は弱い洗浄成分です。

泡の持続力にとても優れた洗浄成分で他の洗浄成分と組み合わせると気泡力が増す特徴があるため、アスロングのように数種類の洗浄成分を組み合わせているシャンプーと相性が良いです。

 

 

 ⑤ ラウロイルメチルアラニンNa

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

髪と同じ成分であるアミノ酸によって構成されているアミノ酸系洗浄成分です。

アミノ酸系洗浄成分は刺激の低さから髪と頭皮に良いと言われていますが、洗浄力の弱さに問題があるため不要な皮脂を全て洗い流せない可能性があり、頭皮の臭いの原因になる場合があります。

しかし、このラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄成分でありながら、低刺激はそのままで洗浄力だけ適度な洗浄効果を持った洗浄成分なのです。さらに、ラウロイルメチルアラニンNaはカチオン化ポリマー(アスロングではポリクオタニウム-10という成分)に反応し毛髪コンディションを向上させるので、シャンプーを洗い流すときの指通りを良くし摩擦によるダメージが起きない状態にしてくれるのです。

アスロングでは様々な洗浄成分を組み合わせて相乗効果を得ているため、ラウロイルメチルアラニンNaをメインの洗浄成分として使用していませんが、本来ならメインの洗浄成分としても十分なほど能力が高い洗浄成分です。

 

 

 ⑥ エチドロン酸

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

エチドロン酸は洗浄効果を持たないため洗浄成分ではありませんが、洗浄成分には無くてはならないキレート剤として効果を発揮します。

キレート剤として洗浄成分が持つ泡立ちと洗浄効果を100%発揮できる環境を作り出すことで髪と頭皮を清潔に保つ手助けをしています。どれだけ効果の高い洗浄成分を配合していてもその効果を十分に発揮できなければ意味がないため、汚れを落とすことが第一目的であるシャンプーにとって無くてはならない成分の1つです。

※ キレート剤とは、水に必ず含まれている洗浄成分の効果を低下させてしまうカルシウムイオンや鉄イオンなどの成分を封鎖し、洗浄成分に悪影響を与えないようにする成分の事を指します。

 

 

 ⑦ デシルグルコシド

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

低刺激でありながら適度な洗浄効果を発揮するので、角質層の保湿成分は傷つけず保持したまま皮脂や汚れをしっかり洗い流す洗浄成分です。

また、全ての洗浄成分と相性がとても良いので他の洗浄成分を補助しつつ、兼ね備えた低刺激でシャンプー自体の刺激性を低下されます。

先ほど説明した、コカミドDEAと同様の効果を発揮するので使い勝手が良い成分です。

 

 

 ⑧ レシチン

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

大豆または卵黄より抽出された天然の洗浄成分なため、安全性は非常に高いですが洗浄効果はイマイチです。

しかし、レシチンの優れたところは洗浄効果以外にあります。

レシチンは洗浄成分でありながら角層の保湿およびバリア機能を高める効果があるのです。さらにそれだけではなく、保湿成分や栄養成分などを皮膚に浸透しやすくする効果もあるので、アスロングに配合された様々な成分を効率よく吸収できる状態にしてくれるのです。

保水効果だけでなく、他の成分に好影響与えるレシチンは非常に優秀な成分なのです。

公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中

 

補修成分(5種類)

アスロング 成分

水、ラウレスリュウサンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸、デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油 、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス

 ① ポリクオタニウム-10

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

ポリクオタニウム-10はノンシリコンシャンプーに頻繁に配合されている髪の補修成分です。

髪1本1本に透明でベタつかない浸透性のある皮膜を形成してくれるため、髪を保護するコンディショニング効果が得られるだけでなく、シリコンとは違い栄養成分を髪の内部に吸収することもできるのです。

そして、ダメージを負った髪に対してはより多くの量が付着し保護してくれるためさらに高い効果を実感することができます。普通の髪の状態でも変化に気づきますがダメージヘアの人ほど使用後の変化が大きいのです。また、オイル系の保護成分よりも吸着性が高いので効果を実感しやすいですが、その反面 髪だけでなく頭皮にも付着する可能性があるのですすぎを念入りに行い、洗い残しがないよう注意しましょう。

アスロング シリコン ノンシリコン
【アスロング】ノンシリコンシャンプー人気No.1の実力【効果に納得】 公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中 アスロングはノンシリコンシャンプー人気No.1に輝いた ...

 

 

 ② グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

アスロング 成分

静電気を抑えて髪の毛をしっとり柔らかくするコンディショニング作用があります。

またゲル化する性質もあるのでシャンプーの洗浄効果を最大限に引き出せる形状に調整するのにも役立ちます。

 

 

 ③ 加水分解卵殻膜

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

加水分解卵殻膜とは鶏卵の殻と白身の間にある薄膜のことであり、現在注目度の高い成分です。

その理由は、先ほど紹介した成分と同じく髪を構成する主成分であるケラチンという成分を非常に多く含んでいるためです。そのため配合シャンプーを使用することで髪のダメージを直接補修することができ、高い修復効果を得ることができるのです。

 

 

 ④ 加水分解シルク

アスロング 成分

加水分解シルクは吸湿性は低いですが、吸着性と浸透性が高い成分なのでヘアーコンディショニングと頭皮コンディショニングで高い効果を発揮します。

傷んだ髪を補修しハリやコシ、ツヤを与えます。
さらに、角質層のバリア機能を改善する効果もあるため、他の保湿成分によって貯えた水分を蒸発させることなく長時間角質層に留めておくことに貢献します。

加水分解シルクは高価な成分なため市販のシャンプーにはほぼ配合されない通販シャンプーだから扱える成分とも言えるでしょう。

 

 

 ⑤ 加水分解ケラチン(羊毛)

アスロング 成分

この加水分解ケラチンという成分は、非常に注目すべき成分であると言い切れます。
その理由は、ケラチンが髪を構成している成分と同じなので髪に対するメリットが多く得られるためなのです。

髪の毛を構成する成分がたんぱく質だというのは多くの人が知っている情報なのですが、そのたんぱく質の約8割がこのケラチンで構成されているということはあまり知られていない事実なのです。

そのため、アスロングのようにケラチンが配合されていると髪を洗うたびにシャンプーに含まれているケラチンによって髪のダメージ部分に直接修復作用を働きかけることができ非常に高いダメージ補修効果を得ることができます。

よって、パサつき・ハリ・ツヤなどを回復させ見た目も美しくなりたい人にはとてもうれしい成分なのです。

 

 

保湿成分(10種類)

アスロング 成分

水、ラウレスリュウサンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸、デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキスアルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキスニンニク根エキスセイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス

 ① BG

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

保湿成分で有名なグリセリンと比較されることが多い成分であり、頭皮を乾燥から守るための重要な2つの効果が認められた成分です。

1つ目の皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用は1993年に認められており、2つ目のTEWLと呼ばれる「皮膚表面から空気中へ水分が蒸散される皮膚水分蒸散量」の抑制によるバリア改善作用が1982年に認められています。

グリセリンほどの保湿効果はありませんが、多価アルコールの一種なので非常に高い吸湿性と保水性を持った成分です。

 

 

 ② 海水

参照:化粧品成分オンライン

海水と言っても海岸からコップで取ってきたようなものではなく、震度200m以上の排水によって汚染されていないキレイな海洋深層水の事を指します。

もちろん、逆浸透膜等を利用して塩分を抜いた状態で配合されていますが、海水のミネラルは非常に豊富なため頭皮と髪に対して保湿効果があるのです。

水を配合するだけでなく、保湿効果を備える海水をわざわざ配合することにアスロングの成分に対するこだわりが読みとれますね。

 

 

 ③ キハダ樹皮エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

キハダ樹皮エキスには、セラミド合成促進による保湿・バリア改善効果があります。

キハダ樹皮エキス → セラミドの合成促進効果 → 細胞間脂質の充実 → 角質の隙間がなくなる → 水分の蒸発をバリア → 肌の潤いを保つ

人間の頭皮の1番外側は角質層というもので構成されており、この角質が水分の蒸発を防ぐバリア機能を果たしています。しかしその角質にはそれぞれの間に隙間があり、そこから水分が蒸発してしまうため頭皮が乾燥してしまうのです。

つまり、その隙間を埋めることができれば頭皮の水分は蒸発されずいつまでも潤いを保つことができるということです。

ここまで説明するともうわかると思いますが、その隙間を埋める成分こそセラミドなのです。角質の隙間は細胞間脂質が存在していますが、その割合はセラミドが50%以上も構成しているためセラミドが最も重要な成分であると言えるのです。

 

 

 ④ アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

アルガニアスピノサ核油、通称:アルガンオイルは非常に保湿力が高い成分です。

アルガンオイルはサハラ砂漠の北西部のモロッコ原産でアルガンの木から摂れる油成分であり、その環境から数年間一滴の雨が降らなくても枯れない生命力を持っています。さらに、アルガンの木100kgからたった1ℓしか摂れない貴重さから「モロッコの黄金」と呼ばれ、世界中の美容用品に配合されています。

そんなアルガンオイルの特徴はやはり厳しい環境下で育ったことから保湿効果がとても優れていることです。
髪に直接付けるヘアオイルとして使用されるほど高い保湿効果があり、成分をこだわったシャンプーに配合される場合があります。

そんな高い効果を発揮する半面 安全面が気になりますが、天然由来成分ということもありベビー用品に使用されるほど刺激性と危険性がない安全な成分なので安心して使用することができるのです。

 

 

 ⑤ アボカド油

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

世界一栄養化が高いという事で、ギネスブックに載っているアボカドの果肉部分のみから作られているオイルです。

もちろん保湿効果が高いですが、注目すべきはその浸透力の高さ。

補修オイルとして全身に使用でき、乾燥だけでなく栄養成分も同時に補修してくれる優れものです。シャンプーに配合されている場合は頭皮と髪の両方に潤いを与えてくれます。
また、熱から髪を保護する働きもあるのでダメージを負った髪を修復するだけでなく、髪にダメージを与えないといった最も重要な効果も期待できるでしょう。

 

 

 ⑥ リンゴ果実培養細胞エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

アスロングで使用されているリンゴはただのリンゴではなく、スイスで栽培されている4ヶ月の間も腐らない「奇跡のリンゴ」と呼ばれている品種から抽出したエキスを使用しています。

そんな効果酸化作用が高いリンゴを配合することによって、頭皮のターンオーバーが促進され常に潤いある頭皮を維持することができるのです。

また、先程のアボカドオイル同様、髪を熱からブロックする効果があるのでダメージを与えることなく髪を伸ばすことができるのです。

 

 

 ⑦ グリセリン

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

保湿を代表する成分であり、その効果は高いと言えます。

上記のBGで説明したものと同じTEWLと呼ばれる「皮膚表面から空気中へ水分が蒸散される皮膚水分蒸散量」の抑制によるバリア改善作用が認められています。

そのため水分を十分に含んだ頭皮から蒸発による水分が失われることを防ぎます。

また、殆どのシャンプーで使用されるほどの一般的で安全性の高い成分です。

 

 

 ⑧ セイヨウキズタ葉/茎エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

保湿作用があると同時に抗菌作用も含まれている成分です。

そのため、化粧水の中でもニキビ用や肌荒れを防ぐ化粧水に配合される場合が多いです。
頭皮ニキビや吹き出物があるひとにはオススメできる成分です

 

 

 ⑨ ニンニク根エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

髪の水分量を増加されることで髪の潤いを保つことができます。

そしてその同様の効果を頭皮に与えることができ、角質が持つ水分量を増加され頭皮環境も改善してくれます。

また、アトピー性皮膚炎改善効果もあることが実験結果から証明されているので、使用することで多少の好影響を期待できるでしょう。

 

 

 ⑩ セイヨウアカマツ球果エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

保湿作用があります。

スキンケア化粧品をはじめ、ボディケア製品、洗顔料、洗浄製品、メイクアップ化粧品など幅広く様々な製品に使用されます。

公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中

 

育毛成分(8種類)

アスロング 成分

水、ラウレスリュウサンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸、デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油 、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキスアルニカ花エキスオドリコソウ花/葉/茎エキスオランダガラシ葉/茎エキスゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキスアセチルテトラペプチド-3アカツメクサ花エキス

 ① ローマカミツレ花エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

ローマカミツレ花エキスの使用の歴史はヨーロッパで始まり、現代では世界各国で薬草ハーブとして肌の調子を整える目的で使われています。

シャンプーに配合されている場合は鎮静、鎮痛、抗炎症作用があるため、育毛・発毛効果が期待できる成分です。

鎮静効果によって副交感神経を刺激する事で血流の流れを改善し頭皮に栄養が行き届きやすくし、さらに抗炎症作用によって頭皮環境を整え髪が育ちやすくなるのです。

 

 

 ② アルニカ花エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

別名「ころび傷の万能薬」と呼ばれており、打撲やねんざなどの外傷に対して効果を発揮し、それ以外でも喉の炎症を抑える目的で使用されていました。

そのため、消炎効果・抗菌作用・鎮静効果に非常に優れた成分であり、シャンプーに配合することで頭皮の炎症やニキビ、吹き出物などを治し正常な頭皮状態へ改善してくれます。

つまり、髪が生えやすい環境を自然と作ってくれるので育毛効果が期待できるというわけです。

 

 

 ③ オドリコソウ花/葉/茎エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

消炎作用から育毛効果が期待できる成分です。

その他にも、保湿効果を含んでおり抗脂漏性としての効果も認められているので「脂漏性皮膚炎などの頭皮の病気にも効果的に作用します。

 

 

 ④ オランダガラシ葉/茎エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

オランダガラシエキスの主成分であるシニグリン(唐辛子に含まれる成分)という刺激成分の影響により頭皮が刺激を受けることで皮膚細胞活性化作用を得ることができます。

その作用によって活性化した皮膚細胞の影響により通常よりも速い速度で育毛・発毛を実感することが出来るというわけなのです。

また、保湿作用がある事も研究結果から判明しています。
オランダガラシエキスには、角質水分量の保持と表皮バリア機能の回復に重要な役割を果たしているアクアポリンという成分を生成する効果が認められていることから肌が持つ水分量を高めることができるのです。

 

 

 ⑤ ゴボウ根エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

ゴボウ根エキスは育毛効果の中でも最も重要な脱毛予防に効果があります。

コボウエキスの主成分である、イヌリン、タンニンが頭皮の血行を良くし頭皮のターンオーバーを促進してくれます。頭皮の古い角質が取れ生まれ変わった頭皮と毛穴からは確実に抜け毛の量が減少します。

発毛を実感できてもそれ以上に髪が抜けてしまっては意味がありません。
シャンプーに重要なのはこれから生えてくる毛を増やすこと、そして今ある毛を大切に育てることとなのです。

 

 

 ⑥ ローズマリー葉エキス

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

ローズマリーは抗炎症作用があるため、もちろん高い育毛効果を発揮します。
しかしそれだけではなく他にも様々な作用があるため頭皮と髪に対してあらゆる好影響を与えるのです。

抗酸化作用・抗菌作用・血流促進作用・フケ防止作用・抜け毛防止作用 など。

さらに、ローズマリー葉エキスに含まれるロスマリン酸がパーマなどの化学処理された毛髪に対して損傷抑制作用が働くことも認められており現在の髪の毛を綺麗にする意味での育毛効果も発揮してくれるのでとても有り難い成分です。

 

 

 キャピキシル

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

これはアスロングに配合されている成分である ⑦アセチルテトラペプチド-3 ⑧アカツメクサ花エキスによって構成された現在非常に注目されている発毛効果のある育毛成分です。

その効果は薄毛治療で有名な医薬品であるミノキシジルの3倍の効果があると言われています。


<アセチルテトラペプチド-3の効果>

それはもっとも重要な、細胞修復作用です。

細胞修復作用とは例えばやけどで自然治癒することが不可能になった皮膚や切断された体の一部を移植したり縫合するのではなく新たに再生し元通りにする力の事です。

アセチルテトラペプチド-3の効果は現代の再生医療の最先端技術として使用されており、これを頭皮に置き換えると損なわれてしまった毛母細胞を修復する効果が期待できるということなのです。


<アカツメクサ花エキスの効果>

アカツメクサ花エキスに含まれている重要な成分はビオカニンAという成分です。

このビオカニンAは、薄毛の元凶と言っても過言ではない5αリダクターゼを阻害する効果が確認されています。

キャピキシルが注目されている理由は今までの発毛実績のあったミノキシジルの3倍の効果があることはもちろんですが、それに加えて天然由来成分であるということも大きく関係しています。医薬品で副作用があるミノキシジル、またはその他の治療薬に対してキャピキシルは自然の物からできているため副作用は一切ありません。

そのため使用者が副作用を心配することなく安心して使用することができているのでしょう。

公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中

 

抗菌成分(4種類)

アスロング 成分

水、ラウレスリュウサンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸、デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油 、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス

 ① ペンチレングリコール

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

古くから使用されてきた比較的刺激の低い抗菌成分です。

抗菌成分(防腐剤)として最も有名なのが「パラベン」という成分ですが、そのパラベンと同等の抗菌効果を持っていながら肌への刺激は圧倒的に少ないということで多くのシャンプー・化粧品に使われています。

単体で使用するというより他の抗菌成分と合わせて使用し、刺激のある抗菌成分の刺激性を緩和される目的で使用される場合が多いです。そのため抗菌成分を配合する量が必然的に減少しシャンプー自体の刺激性低下を実現できるのです。

また、非常に高い吸湿性と保水性を持っていながら使用後の髪がべたつくことが無いので保湿成分としてもとても優秀な成分だといえるでしょう。

 

 

 ② フェノキシエタノール

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

抗菌成分(防腐剤)として最も有名である「パラベン」がその刺激性の高さを指摘され使用されなくなりました。

そのパラベンの代替剤として使用されているのがこのフェノキシエタノールであり、現在最も多くのシャンプーに使用されています。

そもそもフェノキシエタノールはお茶や玉露などの揮発物質として含まれている天然由来成分なのでオーガニックシャンプーなどが好んで使用している傾向にあります。
しかし、安全な成分とは言いますが、抗菌効果はパラベンに比べて小さいので配合量が多くなりがちであり、他の抗菌成分と組み合わせて使用することが非常に重要になってきます。

※ 「パラベンフリー」という表記を見たことがあると思いますが、そのパラベンの事を指します。実際はそこまで悪い成分ではないのですが、「パラベン=悪い物」という世間のイメージが既に付いてしまったため現在では使用するシャンプーは殆どありません。

 

 

 ③ サリチル酸

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

サリチル酸の最大の特長は、その酸性力にあります。

その性質から抗菌力が高く雑菌の繁殖を防ぐため、最近ではニキビケア用品に頻繁に使用されています。

また、古い角層をとるピーリング効果をあるため頭皮の古い角質を除去し頭皮環境を整えるので育毛・発毛に対して好影響を与えます。

 

 

 ④ シメン-5-オール

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

ワキガ対策用品や制汗剤などの臭い対策用品で必ずと言っていいほど配合されている成分であり、高い抗菌・殺菌作用で菌を死滅させるため頭皮を常に清潔な状態に保ちます。

頭皮の臭いが気になる人にはその高い効果を実感できるでしょう。

 

 

増粘成分(4種類)

アスロング 成分

水、ラウレスリュウサンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸、デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油 、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス

 ① 塩化Na

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

増粘成分として粘度を安定させるために配合されます。
配合することでシャンプーの形状にとろみをだし使いやすい粘度に調整します。

いわゆる、「塩」の事を指すので安全面においては全く問題ありません。

 

 

 ② ジステアリン酸PEG-150

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

水に溶解するとゲル化する特性から配合することで増粘効果があります。

 

 

 ③ キサンタンガム

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

水分を含ませることで増粘効果のある成分です。

キサンタンガムは少量でも高い効果を発揮しますが単体ではなく他の増粘成分と併用することでさらに高い効果を発揮します。また、乳化安定効果もあるためシャンプーの成分分離を抑制し、常に高い品質を保つことに貢献しています。

ケチャップやマヨネーズなどの食品にも使用されているため、安全面は問題なしです。

 

 

 ④ デキストラン

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

増粘効果がある成分です。

また、用途は違いますが手術時などに血圧を維持するための血液代用剤として、血漿のかわりに使用されるほどの安全と信頼ある成分です。

 

 

それ以外(6種類)

アスロング 成分

、ラウレスリュウサンNa、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウリル2Na、ペンチレングリコール、塩化Na、フェノキシエタノール、ジステアリン酸PEG-150、ラウロイルメチルアラニンNa、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸Na、サリチル酸、エチドロン酸、デシルグルコシド 、クエン酸、BG、加水分解卵殻膜、海水、カラメル、キハダ樹皮エキス、アルガニアスピノサ核油、シメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛、アボカド油 、リンゴ果実培養細胞エキス、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、デキストラン、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、 アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス

 ① 水

アスロング 成分参照:化粧品成分オンライン

よく皆さんが飲むあの「水」のことです。

シャンプーの成分の中で最も配合量が多く、その量は約60%です。

 

 

 ② 香料

アスロング 成分

アスロングは10種類のハーブを使用しているので、香料なしでは自然とハーブの香りになってしまいます。

そのためアスロングでは香料を配合してジャスミンの香りを付けているのです。

このアスロングの香りは製造・販売会社であるルイタスのこだわりであり、口コミを見ても多くの人が絶賛する高級感のある香水のような仕上がりになっているそうです。

アスロング 口コミ 良い
【全165件】アスロングの良い口コミから分かる、期待できる効果ベスト20!アスロングの「良い口コミ」だけをランキングで紹介しています。 本記事を見ればどのような効果が期待できるのか一目瞭然です!...

 

 

 ③ クエン酸Na

参照:化粧品成分オンライン参照:化粧品成分オンライン

乳化状態の維持・pHの調整目的で使用されます。

乳化状態の維持とは簡単に言えば、沈殿物ができないような水分に成分が溶け込んだ状態を維持することでありシャンプーの品質を保つ働きの事です。
pHの調整とはシャンプー自体の酸性とアルカリ性の強さを調整することであり、アルカリ性であるクエン酸Naを配合しシャンプー自体のphを微調整します。(主にクエン酸と組み合わせて配合する場合が多いです)

また、クエン酸もナトリウムも体内で生成される成分のため安全面においては全く危険性はありません。

 

 

 ④ クエン酸

アスロング 成分

pHの調整目的で使用されます。

先程のクエン酸Naはアルカリ性でしたが、クエン酸は酸性なので微調整が可能になります。

酸性であるクエン酸を配合することでシャンプーの性質を髪に悪影響があるアルカリ性から髪に優しい弱酸性へ近づける効果があります。

 

 

 ⑤ カラメル

アスロング 成分

カラメルは、水とグラニュー糖などの糖類を熱で反応させた天然色素で、着色料として使用されています。茶褐色の色をしており製品に混ぜることで微妙な色彩を調節し、高級感のある色を演出します。

また、食べ物にも使用されているため安全面においては一切問題がない成分です。

 

 

 ⑥ フェノールスルホン酸亜鉛

アスロング 成分

「頭皮に大量の汗をかくため臭いが心配」という方にベストな成分です。

フェノールスルホン酸亜鉛は収れん成分と言われており、頭皮の引き締め効果があります。
頭皮が引き締まると頭皮に存在する毛穴や汗腺も同じように引き締まるため必然的に汗が出にくくなり、臭いの元となる雑菌が繁殖しずらい頭皮環境を作り出すのです。

勘違いしないでいただきたいのはフェノールスルホン酸亜鉛が配合されているアスロングを使った瞬間から頭皮に汗をかかなくなるというわけではなく、使い続ける内に肌が常に引き締まった状態に変化していき汗が出にくくなるということです。

※ 収れん作用とは、危険なものではなく正常な汗の量に改善する効果なので全く汗をかかないような頭皮にすることは出来ません。あくまでも汗を異常にかくのを正常な量へ戻すとお考え下さい。

公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中

 

結局、アスロングの特徴って?

結局アスロングって何に効果的なの?と多くの人が思ったでしょう。

それくらい様々な効果があり一概に「この効果!」と限定するのはとても難しいのです。
しかしそれでは皆さんが購入後に後悔してしまう可能性があるので成分から読み取れるアスロングの特徴をお伝えします。

 

 <特徴①>ノンシリコンシャンプーのデメリットを感じさせない

加水分解卵殻膜 や 加水分解ケラチン(羊毛)が髪の毛と同じケラチンを含む成分であることからダメージを瞬時に補修し、ポリクオタニウム-10が髪の毛1本1本に対して薄い皮膜を形成するためノンシリコンシャンプーの特徴であるきしみを感じさせないのです。

 

<特徴②>保湿に対する徹底的こだわり

保湿成分が10種類も配合されているシャンプーは他に殆どありません。また、通常は水を使用するところをアスロングはコストの掛かる 海水 を使用しており、保湿効果を高める工夫が隠されています。さらに保湿意外にも髪から水分が自然蒸発することを防ぐバリア機能を高める成分が配合されてることから、一時的な効果ではなく、永続的な髪の潤い・ツヤを実現してくれます。

 

<特徴③>髪が早く伸びるはホント!

育毛シャンプー並みの成分が豊富に配合されています。

通常、育毛とは頭皮環境を整える成分を配合し頭皮を健康的な状態に保つことで髪の毛の成長を促進します。その点はアスロングも成分を配合し同等の効果があるのでですが、それ以外も オランダガラシ葉/茎エキス の効果で皮膚細胞を活性化し髪の伸びる速さを通常よりも早くするのです。アスロングを使うと髪が早く伸びると言われる理由はここから来ているのでしょう。

また、アセチルテトラペプチド-3 と アカツメクサ花エキス を配合することで育毛業界で現在最も注目されている キャピキシル という成分を作り出します。この成分には薄毛の原因となる5αリダクターゼを阻害する効果と損なわれてしまった毛母細胞を修復する効果があるため薄毛に悩んでいる人もその悩みを解決できます。これらの豊富な成分を含んでいることからアスロングは育毛に関して総合的に効果を実感できるシャンプーなのです。

 

<特徴④>全成分に共通する「低刺激」

全45成分の効果と特徴は様々ですが「低刺激」という特徴だけは全てに共通しています。

アスロングに配合されている成分は1成分も肌に炎症を与えるような危険な成分はありません。通販シャンプーはより大きな変化を生み出すために「効果は非常に大きいが刺激が強過ぎる成分」を配合している場合は多いです。そのため、合う人合わない人がハッキリと別れてしまうことがありました。

しかしアスロングは違います。アスロングの基本は「低刺激」。低刺激で無ければシャンプーに配合する成分の候補にも挙がらない徹底ぶりなので、人を選ばず徐々に効果を感じれるシャンプーだと言い切れるのです。

公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中

 

★大切★ アスロングの60%OFF購入方法

結論、公式サイトで購入すると60%OFFで購入できます。
そして公式サイトから購入するのが1番安い購入方法です。

価格(税込) 送料 特典
公式 ¥4298 無料 バスグッズ 無料プレゼント
楽天 ¥10778 ¥864
Yahoo!ショッピング ¥7200 無料
amazon 在庫切れ
※ 横にスクロールできます(スマホ)

その他、楽天・Yahoo・amazon で購入することは出来ますが、価格が異常に高いです。その理由は公式サイトのみ60%OFFキャンペーンを行っているからです。 そのため、公式サイトだけ大幅に値引きされたお得な価格で購入することが可能になっています。

アスロング参照:アスロング公式サイト

複雑な公式サイトのホームページから購入するのが苦手という方も安心。
アスロングを購入する方はまず アスロングの公式サイト を開いてもらって、上記の画像の箇所をクリックするだけ。そしたらお届け先情報を入力するだけで簡単に購入ができちゃいます。3480円で購入できる公式サイト※ 60%OFF キャンペーン中!

 

成分に関するよくある質問

アスロング 【Q】アスロングで1番効果のある成分は何ですか?

【A】どの成分も効果があるので1番は断定できません。

アスロングの成分は効果の大きさだけで配合を決定するような単純な物ではありません。成分同士の特徴を生かし互いに相乗効果を生み出す成分が多く配合されています。そのため1番は断定できず、全ての成分が本来持つ以上の効果を発揮できる工夫がされています。

 

 

【Q】アスロングの成分の特徴を一言で表すと何ですか?

【A】一言で表すなら「低刺激」です。

本記事でお伝えした成分の効果は、それぞれの成分の低刺激性の上に成り立っています。低刺激でなければ効果は感じられるがその他の悪影響が出てしまうといった事態になりかねません。
よって、まずは低刺激で悪影響を出さない。その上で45成分の効果を発揮しているのがアスロングなのです。

 

 

【Q】アスロングに適している人はどんな人ですが?

【A】自分に合うシャンプーにまだ出会っていない人です。

何度も言いますがアスロングは低刺激という最大の特徴から使う人を選ばないシャンプーです。最適なシャンプーに出会っていない人はアスロングの使いやすさを実感できると思いますよ。

 

 

まとめ

アスロング参照:アスロング公式サイト

最後に本記事の内容の要点をまとめたい所ではありますが、45成分をまとめることは出きません。

よって、本記事は要点だけではなくすべて読むことをおすすめします。
45成分を理解するとアスロング全てを理解したことになり、いろんなサイトを見て情報を得ることより余っ程 正確な正しい情報を得ることができます。

不安を抱えることなくアスロングを試してみて下さい。

公式サイトはこちらをクリック※ 60%OFFキャンペーン中